産後クライシスの今後の夫婦間の理解とその行く末とは

皆さんは「産後クライシス」という言葉をご存知でしょうか。

産後クライシスの今後の夫婦間の理解とその行く末とは
中には全く聞いた事が無いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この産後クライシスという状態に陥り苦しんでいる方というのは実は多いのです。
そこで、どのような状態のことを言うのか・なぜ起こってしまうのかについて考えていきたいと思います。

産後クライシスとはどのような症状を言うのか

まずは産後クライシスの意味について考えていきましょう。
厚生労働省によると「産後2年以内に夫婦の愛情が急速に冷え込む状況」をいいます。

産後クライシスとはどのような症状を言うのか
同じく厚生労働省の調査によると、子供が2歳までに離婚をする母子世帯の割合は何と全体の35%にものぼるとの結果が出ているのです。
出産後、夫婦関係が悪化してしまい、特に妻が夫に対しての愛情が薄れてしまうという気持ちが続いてしまうのです。

実際にそうした愛情のうすれを感じながらも乗り越えた・特に対策をせずとも時期を過ごすことができたという夫婦もいらっしゃるようですが、やはりそれらには原因があるものです。
ですから、原因を把握しその時々にあわせた対策をしていくことが1番の方法ともいえるでしょう。
もし、こうした状態に陥っているという場合には原因を改めて考えてみてはいかがでしょうか。

考えられる身体的な原因について考えてみよう

原因として考えられる要素はいくつかあるのですが、まずは「身体的要素」について触れていきましょう。
第一にはホルモンバランスが変化することです。

産後クライシスになるとホルモンバランスが変化する

女性の場合、妊娠をすると胎児の健康を守るため・育成をするために特定の女性ホルモンの分泌量が増加します。
これは、バランス全体に大きな変化をもたらすことともいえるでしょう。
そして、出産後にはこの状態が元に戻ります。
戻るだけと思われるかもしれませんが、一度増えたホルモンが一気に現象をするのでここでもまた大きな変化があるということがいえます。

それに伴い自律神経のバランスも同時に乱れてしまいます。
これが、症状に大きな影響をもたらすのです。
自律神経のバランスが乱れることにより、セロトニンの分泌量が悪化し情緒不安定になりやすいのです。
理性でコントロールをすることも可能ではありますが、しきれない部分も出てきてしまいますのでクライシスになってしまうのです。

リズムや関係性の変化がクライシスを引き起こすこともある

また、出産後の「生活リズム」についてもクライシスとは大きな関係性があるのです。
赤ちゃんが生まれてから1年ほどは生活リズムが乱れやすいとされています。

リズムや関係性の変化がクライシスを引き起こすこともある
夜中に起きることもありますし、24時間フル稼働といっても過言ではないほどママとして忙しい日々が続きます。
これがクライシスの原因になってしまうのです。
幸せであることの一方で、心身にストレスがかかってしまうこともあるでしょう。
それが情緒不安定へと蜜微意手しまうのです。

さらには、夫であったパートナーが「父親」へと変化をする時期ともいえます。
このことが何を意味するのかというと、「育児参加」へのスタンスです。
家事を手伝ってくれない・子育て参加が不十分だなどというこれまでには感じたことが無かった関係の変化がもたらすクライシス状態が出てきてしまうのです。
理想と現実のギャップに苦しむという方もいらっしゃるでしょう。

The recommendation site
産後ママにはベビママラブ
産後によるホルモンバランスの崩れや体質が変わってくるのに改善できる安全な商品をご提供しております

また、関係としていえば「友人関係」もあるでしょう。
出産をしたことによって、これまでのように友人と係わり合いがもてなくなりストレスとなりクライシスになってしまうということです。